11.06.2010

悲しい日記

こんばんは。事務作業員の紬です。

本日は悲しいニュースを聞きました・・・

私の心の師、佐野洋子さんが5日午前、乳がんのため亡くなったとのことです。
72歳でした。

佐野洋子さんは1971年に絵本「やぎさんのひっこし」でデビューした絵本作家であり、エッセイストでもあります。こどももおとなも世代を超えて、広い層の人々から親しまれているのではないでしょうか。
素朴で簡潔な絵と文章は、いつも胸にぐっと突き刺さります。
素朴で簡潔だからこそ、読む時によって感じるものが違うのですが
それゆえに普遍的に心が揺さぶられます。
だいすきです。

とりわけ紬の生まれた年に刊行された
「100万回生きたねこ」は私にとっていちばんだいじな本といっても過言ではありません。

何度も何度も、読むたびごとに涙した。

そんな素晴らしい本を生み出した佐野さんに
あらためてありがとうのことばをお伝えしたい。

ご冥福をお祈り致します。


No comments:

9/17 タマリンダラルワークショップ

メルマガ『todo sobre USHA』ご登録フォーム メールアドレス  おはようございます。 昨日のショー『セキレイ、ナク。』にお越しくださった皆様、大変お疲れ様でした。 ショーに来られなかった方も、本日は一緒にタマリンワールドをた...