3.12.2017

【ウシャ記】今年の3.11



大槌町とのご縁を頂いたことで、
わずかながらではありますが「被災地の今」を感じさせて頂いています。

もしもこのご縁を頂かなかったら。
6年経った今、何かしようと想いを懸けることができただろうか、とふと思います。

日々のご縁に感謝。

現地に行かなければ、現地の人たちと交流しなければ
知らなかったこと、わからなかったことがたくさんありました。

平成28年度心の復興の支援活動のまとめとして、
今月も18日に訪問させて頂く予定です。


今年は自分の環境の変化や諸々の事情で訪問できる回数も少なく
また内容も、反省すべき点が多々ありました。

まだわかっていないこと、聞こえていない声。
たくさんあると思います。

18日は、他の活動団体の皆様のご報告も伺いながら、たくさん勉強させて頂き
反省を来年度の発展へと必ずつなげていきます。

改めまして、東日本大震災で被害に遭われました多くの方々に、
黙祷を捧げます。


Post a Comment

5/13日USHAワークショップ~レゲトンでベリーダンスを~楽曲紹介

ワークショップにご参加予定の皆様へ 楽曲は今回、世界的にヒットしたこの曲「Despacito」を使用します。 タイトルは”レゲトン”と表記しましたが、”ラテンポップ”というべきかもしれません。 振付はベリーダンスをベースに予定していますが ラテンのノリと官能的な歌詞を意...