1.16.2018

1/20(土)アルハムブラショー「抱擁」リハーサル

昨日は1/20(土)に予定されているショーのリハーサルでした。




「クリムト」を題材に、好きな絵とそれに合う楽曲を選ぶというちょっと実験的な企画です。
選曲と、ショー全体の構成には本当に本当に皆様に苦労を強いていまして、出演者みんなで練って練って作り上げられています。私自身もこんなに産みの苦しみから浮いてこられないケースはレアと感じるほど。

でも昨日のリハーサルでなんとなく先が開けて少し一安心。。。

演奏が本当に素晴らしすぎて、全部の曲で踊ってしまいたくなるような気持でした。
ダンサーの皆さんは思った通り・・・いえいえ思ったよりも何倍も世界観にシンクロする感じで、ゾクゾク&ワクワクしております。


1部では、「女の人生」というテーマで
クリムト絵画の中に登場する様々な女性像の魅力に迫ります。

2部は「愛のかたち」。
私の勝手な解釈ですが、クリムトの絵画にはいろんな愛のかたちが現れていて、ただ単に幸せだったり官能的だったりする面だけではなく苦悩や不安や複雑な感情をぐいぐい煽られる気がします。
そこまで表現するには女性に対する愛、そしてそれを超えて人間そのものに対する愛がなければ描けないものだよなあと思ったりもします。


たぶん今週本番が終わるまでこのトピックで勝手なことを書きまくるのですが、ショーにお越し下さるお客様にはどうぞ皆様の好きな解釈のしかたでお楽しみ頂きたいです。

残す課題は、自由な解釈で楽しんでもらいたいので説明的にはなりたくない、けれども今回のテーマがしっかりと伝わるようにしたい、そのためには・・・?という部分。

準備の時間が足りなすぎることは早くも反省点ではあるのですが、出来ることはすべてやり切った状態で本番を迎えたいな。


まだご予約間に合いますのでどうぞ遊びにいらしてくださいね(^^)

西日暮里アルハムブラショー「抱擁」週末お昼のライブです。
当日券もございますが、ご予約順に見やすいお席からご案内させて頂きますので前もってのご予約がオススメです★


ただいま返信に少しお時間を頂く場合がございますがご容赦くださいませ。
Post a Comment

5/13日USHAワークショップ~レゲトンでベリーダンスを~楽曲紹介

ワークショップにご参加予定の皆様へ 楽曲は今回、世界的にヒットしたこの曲「Despacito」を使用します。 タイトルは”レゲトン”と表記しましたが、”ラテンポップ”というべきかもしれません。 振付はベリーダンスをベースに予定していますが ラテンのノリと官能的な歌詞を意...